ウィーン日本人国際学校

ご案内

2019年度版



 ウィーン日本人国際学校では、体験入学を受け入れています。オーストリアだけでなく日本国内および諸外国からの体験入学も受け入れています。在籍校の休みを利用して、毎年延べ700名近くの児童生徒が本校の体験入学に来てくれています。日常生活の日本語の維持、日本の学習内容や学習用語の獲得のため、日本への帰国に向けてその前の数ヶ月間を本校で過ごし日本の学校の様子に慣れる等、様々に活用していただいています。本校の子どもたちも体験生が来てくれるのを待ち望んでいます。体験生が来ると学校が益々活気づく感じです。学校を挙げて皆さまの体験入学を歓迎いたします。体験入学ご希望もしくはお問い合わせのメールをお待ちしています。

 なお体験入学のお申し込みは、本校職員間の連絡や授業準備、時間割や持ち物等の連絡があるため、休日を除く2日前(例:体験希望日が月曜日の場合は、その前の週の木曜日)までにご連絡ください。

                    

 1 対象者
オーストリア、日本国内及び諸外国の学校に在籍する小中学生で、次の条件に当てはまる児童生徒。
(1)原則として児童生徒の在籍校が授業を実施していないこと。
@ウィーン市内から体験入学をご希望の方へ
日本への帰国に備えてなど、希望される体験入学期間が在籍校の授業日と重なる時は、在籍校の校長先生の許可証が必要です。(形式は問いません)
Aオーストリア国外又はウィーン市外から体験入学をご希望の方へ
保護者のお仕事や用事等、やむを得ない事情でお子様がウィーンに滞在せざるを得ない場合は、在籍校が授業日であっても、お子様の学力を保障するために体験入学を受け入れます。その場合は、在籍校の校長先生の推薦状が必要です。(形式は問いません)

(2)体験期間は、原則として年間通算60日授業日を限度とします。
(3)学校行事への参加も認めますが、行事の時期や内容によっては、制限することもあります。
(4)ウィーン市以外からの体験生は、ウィーン滞在中の身元引受人(保護者又は保護者に準じる方)がいることが条件です。
(5)保護者が日本語での連絡に不自由ないことも条件です。
(6)義務教育終了後の生徒の体験入学は受け付けておりません。
2 経 費(1日当り)
小学部  39.00EUR (2019年10月より)
中学部  42.00EUR (2019年10月より)
 《体験入学授業料の納付について》

A 連続して5日以内、あるいは1週間以内の体験入学

例:月曜〜金曜、水曜〜翌週火曜、月曜〜水曜+金曜 等

◇初日に授業料をお知らせします。
それ以降、体験最終日から3日以内(土日祝日を省く)までに授業料を納付してください。




B 連続して6日以上の体験入学及びオーストリア国外からの体験入学

@初日に、5日分の授業料をお知らせします。
3日以内(土日祝日を省く)に納付してください。

A以降、残りの授業料を最長5日分までに区切ってお知らせします。納付方法は@と同様です。



 週をまたいで、連続しない体験入学

例:○ 木曜と翌週月曜   × 金曜と翌週月曜

@ 週ごとに授業料をお知らせします。


A 納付方法はBと同様です。


納付方法は銀行振込(手数料は本人負担)とさせていただきます.
 オーストリア国内に銀行口座がない場合も、専用用紙にてオーストリア国内での銀行振込が可能です。
 振り込みが確認できない場合は国際送金となり、多額の送金料がかかる場合がありますのでご注意ください。

※キャンセルされる場合は、希望の2日前までにご連絡ください。なお、前日以降のキャンセルは手続き上、承ることができません。
  返金も致しかねますので、ご了承ください。


3 授業日 (2019年度)
前期  4月12日(金) 〜  7月18日(木)
    8月19日(月) 〜  9月26日(木)
後期 10月 1日(火) 〜 12月20日(金)

    1月 8日(水) 〜  3月13日(金)
4 その他
  ・本校が加入している学校の傷害保険は体験入学者には適用されません。
 ・保険については、緊急時対応の必要が生じた場合のために、ご加入のeカードまたは保険証券/保険証書(ドイツ語が望ましい。  なければ、英語)のコピーをご提出ください。
 ・その他ご不明な点がありましたら、学校へお問い合わせください。