ウィーンってどんなところ??


 ウィーンと聞いて,何を連想しますか?音楽の都?ウィーン少年合唱団?芸術の都?それとも,ドナウ川?誰でも一度は聞いたことのある地名だと思います。
 そこでこのページでは,ウィーンについて,少し紹介したいと思います。

オーストリア概要・・・

 
ウィーンは,オーストリア共和国の首都です。
 オーストリア共和国は,ヨーロッパのほぼ中央にあり,8つの国々と国境をもち,9つの州で構成されています。
 西部一帯には,アルプスの雄大な山々が連なり,東部には「青きドナウ」で有名なドナウ川が悠々と流れる,山と川の美しい国です。
 第2次世界大戦後,オーストリアは永世中立国としてスタートしました。同時にウィーンは,ニューヨーク,ジュネーブに続く,第3の国連都市として,国際原子力機関(IAEA),国連工業開発機構(UNIDO)などの機関も置かれています。
 1995年には,EU(欧州連合)にも加盟し,ヨーロッパ諸国との連携を強めてきています。


Q1 ウィーンってどこにあるの?
A1 ウィーンは,オーストリア共和国という国の首都です。
オーストリア共和国は,ヨーロッパのほぼ中心にあり,国土は日本の約4分の1。北海道と同じくらいの広さです。



Q2 ウィーンの人口,面積は?
A2 ウィーンの人口は,2013年現在で,約176万人。 面積はおよそ415平方キロメートルです。
オーストリア共和国全体では,人口が約840万人。面積はおよそ8万3870平方キロメートルです。
北海道の面積は8万3452平方キロメートル,人口が547万人です。北海道よりも少し広いところに858万人の人が住んでいるわけですから,人口密度は北海道より高い割合になっています。



Q3 公用語,宗教は?また,通貨はなんですか?
A3 オーストリアの公用語はドイツ語です。英語が通じる所もたくさんあります。
また,宗教はカトリック。通貨はユーロを使っています。ドイツ語の発音では,ユーロを「オイロ」と言います。




オーストリアの名所・旧跡紹介コーナー!!


 シュテファン寺院    チロルの山々     ドナウタワー   ヴォティーフ教会
 ウィーンの代名詞と言われています。高さ137mの南棟は圧巻。
 1359年完成。
西オーストリアに位置するチロル地方の山々。
世界遺産に登録されている場所も多くあります。
 ドナウ川ほとりに立ち,ウィーンの町を見下ろしています。バンジージャンプもできる! 2本の尖塔がそびえる,ネオゴシック様式の教会。内部はステンドグラスが美しい。

      国立オペラ座    ノイエホフブルグ(新王宮)    シェーンブルン宮殿
 音楽の都ウィーンが,世界に誇るウィーンオペラ座。1869年宮廷歌劇場としてスタート。現在の建物は1955年に再建されたもの。ホール天井にあるフレスコ画は圧巻である。 1881年に建築された。現在,内部は博物館となっており,楽器や武具など,歴史的に価値あるものが多く展示されている。
 ヒトラーが演説したバルコニーはあまりにも有名。
 マリアテレジア・イエローの外壁が美しい。1749年に完成。部屋数は1441室。
 バロック,ロココ,新古典主義の折衷様式の庭園は素晴らしい。


 このほかにも,紹介しきれないくらいの素晴らしい名所,旧跡がたくさんあるウィーン(オーストリア)です。
 ウィーン日本人学校の児童生徒たちは,このような素晴らしい環境の中,のびのびと学習しています。